FC2ブログ

ぽこあぽこ♪ピアノ教室 in 春日井市 

愛知県春日井市で、ぽこあぽこ♪ピアノ教室を主宰しています。 ピアノを中心に、日々のできごとを、ちょこっとずつ・・・

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オススメ本


「ピアニストの毎日の基礎練習帳」
春秋社出版、
岩崎淑著

平易な文章で、さらっと読めました。

でも、内容は、とても含蓄のある言葉ばかりです。

前々から気になっていた本でした。

帯には、
「1日15分、この練習を続けてみてください。

初心者から大人の学習者まで。
ピアノを教える先生方へ。プロ・アマ問わず、舞台でピアノを弾く人へ。
本当に効果的な練習法、
楽しみながらピアノを続けていける方法をお伝えします。」

とあります。

購入の決め手は、
ラタイナ=ヴァンガロヴァ・メソッド
という、全調スケールが紹介されていたからです。

このスケールの、ハノンのスケールと大きく違う点は、

反進行の動きを取り入れていること、
八長調から始まり、半音ずつ上げて練習していくこと、
アクセントの付け方、
です。

反進行は、左右対象の動きをするので、腕の動きがつかみやすいです。

レッスンでも、ピアノを弾き始めた生徒さんには、反進行の教本を取り入れています。

このラタイナ=ヴァンガロヴァ・メソッドは、慣れるまで、ちょっと手間取るかもしれません。

ハノンのスケールに慣れている人は、さらにこのメソッドで練習を続けると、どの指も自然に楽に動くようになりそうです。

私は、試して数日間です。

が、どんどん変わるアクセントの付け方に、瞬時についていけない自分の脳ミソ…。

1ヶ月は効果を試してみるつもりです。

このメソッドの他にも、音楽に向き合う姿勢や、プロフェッショナルとしてのありかたを教えてくれます。

技術を超えて、感情や色合いを感じられることが大事。

自分自身で実感しイメージできるから、表現しようとして、技術を身につける。

…などというくだりや、名演奏家の教え、というところでは、共感しました。

名教師、名演奏家とはいくつになっても、どんなに優れていても、生涯を通じてたゆまず学ぶ姿勢を保つこと、だと述べられています。

著者の音楽に対する真摯な姿勢を感じて、読後、さわやかな気持ちになりました。

誰にも読みやすいのに、単なる練習方法に留まらない部分までカバーした本です。

オススメ本なので、またレッスン室の目に付くところに置いておきます~。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

大森 晴子

Author:大森 晴子
生徒さんの「笑顔」と「やる気」が、私の元気の源です!

お問い合わせは、下のアドレスにお願いします。

poco @ ai.to

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
7428位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
398位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。